全国対応・往復送料無料!綿菓子機レンタル、学園祭、文化祭の模擬店などイベント企画に最適

電話でのご予約・ご質問・ご相談はこちら
ご予約フォームはこちら >
お客様の声 メディア掲載 お客様の声 ポップコーン機レンタル日記 弊社の社員は全員、綿菓子を作ったことがございます イベント用ワンタッチテントレンタル専門店
小型インバーター発電機レンタル専門店

休業日着でもWEB予約フォームよりレンタルのご予約は可能です。

※以下は、お客様から頂いた写真です。

















HOME > 綿菓子機の紹介・仕様

綿菓子機の紹介・仕様

あなたにレンタルして頂くのは綿菓子夢工房JB3000URUTORAです。 酸味料の入ったザラメでも目詰まりしづらく安定して綿をだせます。  ガス式に比べてお手軽な電気式の割にはハイパワーです是非試してみてくださいね。

綿菓子機 
製品名 綿菓子夢工房 JB3000URUTORA
電源 100V・1200W
本体寸法 幅64×奥行64×高80cm
梱包時寸法 幅66×奥行67×高47cm
重さ 14kg
コードの長さ 約 2m50cm 
樹脂製のタライ

※年式により、樹脂製のタライになる場合があります。

電動綿菓子機国内メーカー性能NO1!朝日産業様より推薦状を頂きました。

私が推薦させて頂きます!!

朝日産業 株式会社 代表取締役 茂木
朝日産業(株) 代表取締役 茂木様

はじめまして。

朝日産業 株式会社 代表取締役 茂木と申します。
日本で初めて電動綿菓子機を製造し、今では電動綿菓子機の生産数は年間1500~2000台程になります。
おかげ様で綿菓子機の製造では日本シェアナンバー1です。

上州物産さんとは阿部社長が綿菓子機レンタルを始めた2009年からのお付き合いになります。

阿部社長との出会いで、今でも覚えているのは、レンタルを始めるまでの研究が熱心だった事。

レンタルを始めようと決めるまでは、食品については詳しくても、綿菓子機のレンタル商品については詳しいことは一切知らなかったと思いますが・・・ いざ、レンタルを開始すると決めたら、とことん調べていましたね!! 

直接わざわざ弊社に来て綿菓子機の構造やトラブル対処の方法など根掘り葉掘り私に質問されていました。うちは販売は代理店に任しているので、レンタル屋さんの社長さんが直接私の会社へ来て機械の事を熱心に質問される事は初めてのことだったのでずいぶんと熱心な人だなと感じました。

ホームページにあるように「綿菓子の作り方」や「目詰りになった時の対応」など、自分で体験した情報をお客様に届ける姿勢・熱意には驚かされる程です。

又、万一故障した時の為に予備のカーボンブラシや値段の高い回転釜までも予備として1セットレンタル商品に同梱すると聞いた時は正直驚きました。そんな事言い出すレンタル店は今までに無かったからです。

そんなお客様のイベント成功に熱心な阿部社長だったからこそ、弊社も全力でサポートさせて頂いております。

朝日産業が自信を持って綿菓子機レンタル専門店「上州物産」を推薦させて頂きます。

朝日産業 株式会社
代表取締役  茂木 正克


・・・朝日産業 株式会社 様 のご紹介・・・

綿菓子機レンタル専門店がいつも、大変お世話になっています朝日産業さんの事を少しご紹介させていただきますね。

日本で初めて電動綿菓機を製造し、電動綿菓子機は国内メーカーの中でも性能NO1。
現在、電動綿菓子機の生産数は年間1500~2000台。 朝日産業の綿菓子機は、日本国内での販売だけでなく、フランスやドイツへも輸出されております。

万が一の故障時の為に備品を入れ、現状復帰が出来るようにしております。

綿菓子機レンタル専門店では、万が一の時にも現状復帰ができるように予備の備品(回転釜・カーボンブラシ・ドライバー・17mmレンチ・ヒューズ)を入れてありますので、万一故障の時もほとんど復活できます。(故障した時以外は使いません。)

綿菓子はとっても消耗品の多い機械です。
配達の衝撃を最小限に押さえる為に梱包を工夫し対策を取らせて頂いております。

かけがえの無いイベントの場を確実に成功させていただくために、 綿菓子機レンタル専門店では万が一の輸送中の故障に備えて、予備の備品を同梱しています。

綿菓子機はお子様に人気があり、お子様が楽しみにしているイベントを成功させて頂きたいという思いもあり、予備の備品をお付けしております。

万が一の場合はすぐに緊急連絡先にお電話ください。
交換のお時間の目安としては、カーボンブラシ約2分。回転釜約15分。 ヒューズは約5分ほどで復旧できます。
交換方法については説明書が入っていますのでご安心くださいね。

※故障した時しか使いません。

綿菓子機と一緒に送るその他 備品

お祭りで綿菓子を買った事はあるけれど、実際に綿菓子を自分で作るとなると不安もありますよね。

綿菓子機レンタル専門店では、初めて綿菓子を作るお客様の立場に立って取扱説明書やその他備品などを準備しております。

イベント開催時に手間になりがちな備品の用意もさせて頂いておりますのでご安心下さいね。


【フックの使い方】

綿菓子を袋に入れる時に使用します。


①フックを綿菓子機のフチにかけます。

②フックに綿菓子袋をかけます。

③綿菓子を袋に入れます。

【レンゲの使い方】

綿菓子の回転釜にザラメを入れるのに必要となります。

レンゲの使い方
①ザラメを擦り切り1杯すくいます。
(レンゲ1杯で約23gとなります。)
レンゲの使い方

②回転釜を回した状態でザラメを入れます。
※必ず回転釜は回してください!

【綿菓子スタンドの使い方】

出来上がった綿菓子を一時立てておく時に使用します。

レンゲの使い方

出来上がった綿菓子を袋に入れる前や、お金を受取る時などに、一時的に立てておくことができます。

※上図の綿菓子は普通サイズ(ザラメはレンゲ1杯分)です。 ジャンボサイズをお作りになる場合はくっつかない様に立ててください。

レンゲの使い方

綿菓子に使って頂く割りばしを割らなかった場合、また、割りばしがキレイに割れなかった場合は太い方はスタンドの穴には入りません。

綿菓子を作るときには、割りばしの細い方を持って作ることをおすすめします。

商品と一緒に詳しい説明書もお送り致します。

取扱説明書の写真

綿菓子機レンタル専門店では、わた菓子機と一緒に取扱説明書を同梱してお送りしています。わた菓子機の詳しい作り方から、網の目が詰まってしまった場合の対処方法などを写真を使い分かりやすくまとめてあります。

機械が正常に動く状態であれば2017年2月現在、これまで2,878件以上のお客様にレンタルした中で、作れなかったというご報告は一度もありませんのでご安心下さい。


>取扱説明書はこちら

綿菓子機は、当然台数に限りがございますので 
予約は先着順になっております。大好評にて予約殺到中。
毎年、キャンセル待ちになってしまって、大変残念な思いをしてしまう 
お客様が必ずいらっしゃいます。 
ご予約は5ヶ月前から出来ますのでお早めに!

ご予約フォームはこちら >

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい。